第7回 受検者の声【中学校/高等学校】

中学校

【4・3級併願受検/岐阜東中学校/女性/10歳代】

今回、私たちにとって2回目の茶道文化検定でした。
検定に向けて、部活では3級と4級に分かれて楽しみながら茶道の知識を深めていきました。そのため、4級の受検者は落ち着いて受検することができました。しかし、3級はテキストの内容も難しく、覚えるのにずいぶん苦労してしまいました。私は、3級・4級併願受検をしましたが、まだまだ知識が足りないことを実感しました。
この機会を通じて、学んだことを日頃のお点前に生かしていきたいと思いました。



【団体受検申請代表者/名古屋市立供米田中学校/女性】

検定を行ってみて、普段使い慣れた学校ということもあり、子どもたちはリラックスした状態で実施することができて良かったと思います。日頃の部活動の時間に過去問に取り組んだり、家に帰ってから復習に取り組んだりと、中学生なりに一生懸命勉強を行っていました。学校のテストも近く、今回の受検結果に不安を抱いている子どももいましたが、みんな全力で取り組むことができたので、結果がついてきてくれると嬉しいです。
本当に今回は良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。



【3級受検/大阪桐蔭中学校高等学校/女性/10歳代】

私が今年も茶道文化検定を受けて思ったことは茶道の歴史はとても長いということです。茶の歴史では3級は去年受けた4級に比べ覚えることが増えて難しく感じました。受検前は単純に実技が好きなだけでしたが、今回受検に向けて勉強することで茶道の歴史等の知識を学ぶことができて良かったと思っています。
私は教える立場になりたいのでたくさん知識をつけておくことが大切だなと思い勉強をがんばりました。これからもたくさんの知識をつけていきたいと思います。

高等学校

【4級受検/岩手県立福岡高等学校/女性/10歳代】

私は茶道文化検定を初めて受けましたが、今まで知らなかったたくさんの茶道についての知識を身につけることができて、とても面白かったです。歴史上重要な人物、出来事に関連したこともいくつもありました。学校での歴史の学習でも役立ちそうな情報を手に入れられて、かつ日本の伝統ある文化「茶道」の奥深さにふれることができて一石二鳥です。いい勉強になりました。



【3級受検/滋賀県立長浜農業高等学校/女性/10歳代】

今回は3級に挑戦しました。3級は去年に受けた4級より、もっと幅広い範囲を学んで覚えないといけないので、なかなか最初は覚えられず大変でした。しかし何回も復習して勉強したら覚えられたので良かったです。私は高校で茶道部に入り、そこで茶道文化検定がある事を初めて知ったので、検定を受けました。古くから伝わっているすばらしい茶道の文化をこの検定を通じて学ぶことができたので、すごく勉強になりました。検定を受けられて本当に良かったと思いました。



千葉県立市川工業高等学校
・団体受検申請代表者/男性/20歳代
今年は7月の夏合宿から勉強を始めました。茶事はなかなか経験することができないので、どうしても懐石などの理解が不十分になってしまいます。そこでビデオ教材なども活用して理解を図りました。
受検料の割引方法が変わり、高校生が受検しにくくなってしまったのは残念でした。
しかしこの茶道文化検定は、それだけの価値があるものです。受検したことにより、普段のお稽古にも深みが増し、次々と活発な質問やより積極的な取り組みが見られるようになりました。来年はさらに上位級に取り組ませたいと考えています。

・4級受検/男性/10歳代
検定を受けることで、普段のお稽古では学べないことをたくさん知ることができました。利休七則の大切さを実際にお茶会に参加してみて実感しました。茶道の世界は本当に奥深いということがわかり、勉強し受検して良かったなと思いました。



【3級受検/福岡県立東鷹高等学校/男性/10歳代】

私は3級を受検しました。
3級では、4級と同じように問題集を見て勉強しました。誰が誰に何を渡したのか、物の名前や道具の名前を覚えました。
そして、勉強をしている内にお茶の歴史や茶人がしてきたことがわかるので、とても楽しく勉強できました。現在、茶会でするあの動作の意味、茶人が考えた作法の意味を知ることができ、お茶は奥が深いなと思いました。
そして、もし合格しなくても受検したことでお茶のことを学ぶことができたのでよかったと思っています。このような勉強の機会を与えていただきありがとうございます。



【4級受検/広島市立戸坂中学校

私は、第7回茶道文化検定で4級を受検しました。先生に声をかけていただいたことがきっかけです。
その時、時代背景や人物、地名などをつなげて考えるのが難しそうだと思いました。
受検日まで、テキストの内容をノートにまとめ、演習として問題集で例題を解きました。また、茶道文化検定4級は択一式ではありますが、漢字まで書けるように繰り返し勉強しました。この方法は、覚えやすかったです。
当日は、今迄まとめたノートを見たり、問題集を使って最終確認をしたりして検定に挑みました。緊張しましたが、集中して受検できました。
分からない点を質問すると先生や先輩方がわかりやすく教えてくださいます。したがって知識の幅が広がり、検定後のお稽古では、自然と動作やお道具などに込められた思いを考えながら、一つひとつのことを大切にするようになっていました。
この検定をとおして、新しい知識を得られ、茶道に対する心持ちがより一層強くなりました。今後も日本の伝統文化である茶道を学んでいきたいと思います。



【滋賀県立玉川高等学校/女性/10歳代】

私は高校に入ってから茶道を始めました。最初は分からないことばかりでしたが、部活動を続けてきて少しずつ茶道のことが分かってきました。今回、もっと茶道のことを知りたいと思って茶道文化検定を受けました。検定を受けて、茶道について今までよりもたくさんのことを知ることができたので、検定を受けてよかったと思いました。これからは後輩の子たちに学んだことや今まで経験したことを伝えていければ良いなと考えています。

お問合せ

茶道文化検定運営事務局

(日販セグモ株式会社内)
〒119-0201
東京都千代田区神田駿河台4-3
新お茶の水ビルディング
TEL
03-5244-5056
(10:00~12:00、14:00~17:00 ※土・日・祝日・年末年始を除きます。)
E-Mail